FC2ブログ

辻褄は合うように 前編



 猛吹雪、大荒れ、不要不急の外出は・・・という低気圧が去りましたが、また死亡者が出てしまった。
 車に戻ることもできなかったのでしょうか。それさえもわからないくらいの猛吹雪だったのかな。
 苫小牧在住の人は「それほどでもなかった」と言っていましたが、局地的にひどかったのか。

 少子化の時代、若いきちんと働いている人が仕事で亡くなるのは痛ましい。
 安部政権はどうにも戦争できる体制にしたいようですが、実際に戦うのは誰だと思っているんですかね。
 こんなに生産人口が減少しているのに、その人たちを死ぬかもしれないところに出して、残った自分たちジジイババアで国がもつとでも思っているのか。

 そういう苛立ちは別として、ここら辺はそれほどでもありませんでした。
 とにかく暖かくて雪が重いので、風は強いけれど地吹雪で前が見えなくなるほどではない。
DSC06367_R.jpg
 降る雪の量もたいしたことがなく、外はなんとなくけぶって見える程度。
 それにしても暖かい。夜になっても0℃です。
 それだけに除雪が大変だった。

 昨日は残業で20:30頃に帰ってきましたが、「除雪しないと」という覚悟を打ち砕く量の雪が入り口に詰まっていた。
 除雪車が通ってくれたから走りやすかったけれど(滑るけどね)、除雪車が通ったからものすごい量の雪が・・・。
 しかも暖かかったから湿って硬く、さすがに冷えてきたから固まり始めていた。
 まずい。一刻も早く除雪しないと。

 路肩に車を停めて入り口の除雪車による硬い雪山を乗り越え、2山ある吹き溜まりを越えて車庫のシャッターにたどり着いたけれど、シャッターへの着雪と吹き溜まりがひどい。
 これは持ち上がらないかもしれない。

 玄関も吹き溜まりで、しかも風向きから見て鍵穴にも入っていそう。
 前もあったんですが、鍵穴に雪が入って凍って鍵が刺さらないかも。
 こんなとき、玄関フードをつけていればと思う。
 自分ひとりならあきらめて実家に行ったかもしれませんが、この中には腹をすかせた猫たちが待っている。

 また道路の車に戻って、車に積んである先丸スコップを持ってくる。
 これは必需品です。プラスチックでもなく角スコップでもなく先丸というのが重要。硬いものでも掘れるようにね。
 それでシャッターの雪を掻き落とす。
 もちろん落としきれないけれど、横と下を除雪して、何とか指を入れられるスペースを見つける。

 ファイトいっぱぁぁぁつ

 何とかシャッターが上がりました。上がると同時にシャッターについていた雪というか氷が頭上に降ってきましたが、フードをかぶっていたから大丈夫。
 ギャーギャーわめく猫たちに遅くなったことを謝りつつ餌をやる。
 危なかった。車にスコップがなければ積んでいた。
 なぜならシャッターを開けるためのスコップは車庫の中で、シャッターを開けなければ出せないから。車にはスコップと毛布を。

 猫たちはとりあえず落ち着きました。
 私はこれからが本番なんですが。


↓ランキングに参加しています。
    よろしければクリックをお願いします。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ノウラ

Author:ノウラ
 札幌近郊の田舎の一軒家に猫3匹と住んでいます。
 2015年8月9日からブログをはじめました。
 猫に関する自己紹介
<前編><後編>
 家に関する自己紹介
<1><2><3><4>

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
フリーエリア
猫紹介

マナセ(マナ)

DSC00092_R_R.jpg

2012年8月5日生まれ

保健所から来た男子
兄としてのプライドが邪魔をするタイプ


マソラ(マソラさん)

DSC00069_R_R.jpg

2012年8月5日生まれ

保健所から来た女子

マナセと兄妹だが女王様


マリク(マリたん)

DSC00013_R_R.jpg

2012年10月5日生まれ

しっぽの会から来た男子

おそらくは天然の無邪気な子

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる