FC2ブログ

目指せないけど理想



 そういえば一昨年帰ってきた弟が何をやったかといえば、早速わな免許を取りにいっていました。
 あいつは、話してはいないけれど“山賊ダイアリー”を読んでいるに違いない。

山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC) [ 岡本 健太郎 ]

価格:606円
(2018/6/17 12:43時点)
感想(8件)


 私は読んだことがないんです。読みたいんだけど。

 北海道の田舎なのでキツネは犬並みによく見る、というと言いすぎですがそこらじゅうにいるし、会いたくないし、出てこないでほしいエゾシカやアライグマもいる。ヒグマはさすがに見たことがありませんが、いたという噂は聞いたことがある。
 猟師が必要です。捕食者として猟師が。
 だけど猟銃免許はかなりハードルが高いし、独学で解体を学ぶのも難しい。何より生き物を、哺乳類を殺すという心理的ハードルはとても高い。

猟師の肉は腐らない (新潮文庫) [ 小泉 武夫 ]

価格:680円
(2018/6/17 12:49時点)
感想(0件)


 図書館で借りてきました。おもしろかった。本当におもしろかった。
 文化として、生活として猟が根付いているところに育てばこんなことができるようになるんだろうか。なんて豊かな生活か。

 狩猟採集から定住農耕の過程で人の体格は小さくなった。
 狩猟採集時代の方が豊富な動物性たんぱく質が取れ貧富の差が少なかったからだというのが有力な説明ですが、それを裏付けるような生活が書かれていました。もちろん現代が舞台ですが。

 NHKで江戸の先端性を取り上げていましたが、江戸は確かに進んでいたけれど江戸時代はそれほどでもない。明治になってよかったのは餓死者が圧倒的に減ったことだ。という記事を読みました。減った理由は農業改革だというのが記事による説明でしたが。

 農耕・格差によって貧しくなり、仏教による肉食への禁忌によってさらにたんぱく質が減った江戸時代は、栄養的に本当に貧しい時代だったのだろうというのが、狩猟生活を描いた本によってありありとわかる。

 ただ、狩猟生活は健康でなければできない生き方だ。
 持続的に狩猟生活をするなら、やはり仲間とあとを継いでくれる子孫が必要です。現代はどちらも難しい。

 私にできるのは野草を取るくらいですね。
 そしてやはり肉は適度に食べ炭水化物は少なめにしよう。それが「本来の」生活だと思えるから。


↓ランキングに参加しています。
   よろしければクリックをお願いします。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ノウラ

Author:ノウラ
 札幌近郊の田舎の一軒家に猫3匹と住んでいます。
 2015年8月9日からブログをはじめました。
 猫に関する自己紹介
<前編><後編>
 家に関する自己紹介
<1><2><3><4>

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
フリーエリア
猫紹介

マナセ(マナ)

DSC00092_R_R.jpg

2012年8月5日生まれ

保健所から来た男子
兄としてのプライドが邪魔をするタイプ


マソラ(マソラさん)

DSC00069_R_R.jpg

2012年8月5日生まれ

保健所から来た女子

マナセと兄妹だが女王様


マリク(マリたん)

DSC00013_R_R.jpg

2012年10月5日生まれ

しっぽの会から来た男子

おそらくは天然の無邪気な子

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる