FC2ブログ

本のオーラ



 久しぶりに長野まゆみを読んでいます。
 高校生の頃、長野まゆみと楠本まきの世界に私は生きたかった。

 大学生の頃は車で駅まで行って、そこから電車で大学に通っていました。
 電車の中で読む長野まゆみ。
 早朝、大学の池のベンチで読む長野まゆみ。
 いい思い出です。黒歴史ではありません。表に出してはいないから。

 何ですかね、あの空気。
 読んでいると現実の空気の色がちょっと変わると言うか、自分の周りを取り囲む気配が変わると言うか、見方が変わると言うか。
 残念ながらある時期からの長野まゆみの本にはそういう効果がなくなりました。それは自分が変わったのかな。

 あの空気が好きで読み返すのですが、しばらくはダメでした。引き込まれない。
 自分に余裕がないと感じられないものですね。
 転職前は到底読む気にもなりませんでしたし、有休消化中も読まなかった。気ぜわしかったんで。
 しかし今、読みたい気になって、読んで、懐かしいあの気分に浸っています。

    
夏至祭 (長野まゆみEarly Works―少年万華鏡)

 今ならちょうどこの本。
 できれば電車の中で読みたい。けれど家の中でもいい。庭にはシャクヤクも咲いているし。
 上布とか、もう。
 あこがれて、手巻きの腕時計を買ったこともある。その古道具屋は今はない。あの腕時計も壊れました。

 今は天気が悪くて寒いのですが、もう少し温かい雨が降るのなら“雨更紗”で、もっと夏になったら“夏至南風”。

雨更紗【電子書籍】[ 長野まゆみ ]

価格:378円
(2019/6/22 07:59時点)
感想(0件)


夏至南風(カーチィベイ) (河出文庫) [ 長野まゆみ ]

価格:486円
(2019/6/22 08:00時点)
感想(1件)


 秋は。冬は。長野まゆみの言葉を通すことで、地面から1mmほど浮いた世界になるんですよね。
 転職してよかった。本をまた読めるようになりました。


↓ランキングに参加しています。
   よろしければクリックをお願いします。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ノウラ

Author:ノウラ
 札幌近郊の田舎の一軒家に猫3匹と住んでいます。
 2015年8月9日からブログをはじめました。
 猫に関する自己紹介
<前編><後編>
 家に関する自己紹介
<1><2><3><4>

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
フリーエリア
猫紹介

マナセ(マナ)

DSC00092_R_R.jpg

2012年8月5日生まれ

保健所から来た男子
兄としてのプライドが邪魔をするタイプ


マソラ(マソラさん)

DSC00069_R_R.jpg

2012年8月5日生まれ

保健所から来た女子

マナセと兄妹だが女王様


マリク(マリたん)

DSC00013_R_R.jpg

2012年10月5日生まれ

しっぽの会から来た男子

おそらくは天然の無邪気な子

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる