FC2ブログ

家に関する自己紹介 夢編



 申し送れましたが、わたくし、結婚歴なし子なし特に資格もなしの30代女です。そういえば、言っていなかった気がする。
 家は独りで建てました。
 中学生の頃から自分の家が欲しかったし、その頃から結婚はできないししないと思っていました。
 私は「私(だけ)の家」が欲しかったんです。

 高校は地元、大学は札幌に通いました。
 そのため、なおさら田舎に住みたい気持ちが固まりました。
 都会はいやだ。
 窓から隣の家が見えるなんて安らげないでしょ。
 というか家しか見えないなんてつらい。

 中学生の時の授業中、落書きは家の間取りと庭の配置図。
 そのころの夢の庭には池がありました。実家を想定しています。
 実家には、今はほとんど流入土で埋まっていますが、池がありました。

 大学に入って、大学図書館でまず探した本は農地法。私、文学部ですが。

〈逐条解説〉農地法/高木賢/内藤恵久【後払いOK】【2500円以上送料無料】

価格:5,400円
(2015/12/11 10:34時点)
感想(0件)



 田舎に建てるのは実際は難しいんです。
 まず地目が「農地」だとまず無理です。
 「農地」に建てるには、農業に従事していると農業委員が推薦する人間じゃないとだめです。
 そのためにはいろいろ条件もあるし、実際は抜け道もあるんですが。

 もうひとつ地目とは違うレベルで「市街化調整区域」というくくりがあります。
 ザ・田舎はたいてい「市街化調整区域」です。建築はできません。
 家を建てるには、昭和何年だったかな私が生まれた頃から家が建っていて、それを改築するという形をとるしかありません。
 そのころから建っていましたという証明、例えば写真などが必要です。
 ただ、市ではなく町なら、調整区域でも建てられるといううわさは聞きました。

 実家の、私が私の家を建てたかった畑の隅は、市にあり、「農地」で「市街化調整区域」です。
 不可能です。

 夢が破れたときでした。

 続きます。


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ


  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ノウラ

Author:ノウラ
 札幌近郊の田舎の一軒家に猫3匹と住んでいます。
 2015年8月9日からブログをはじめました。
 猫に関する自己紹介
<前編><後編>
 家に関する自己紹介
<1><2><3><4>

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
フリーエリア
猫紹介

マナセ(マナ)

DSC00092_R_R.jpg

2012年8月5日生まれ

保健所から来た男子
兄としてのプライドが邪魔をするタイプ


マソラ(マソラさん)

DSC00069_R_R.jpg

2012年8月5日生まれ

保健所から来た女子

マナセと兄妹だが女王様


マリク(マリたん)

DSC00013_R_R.jpg

2012年10月5日生まれ

しっぽの会から来た男子

おそらくは天然の無邪気な子

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる