FC2ブログ

NNN 第1回



 私、消されるかもしれません。
 だけど、あの組織の恐ろしさを伝えなければ。

 〈マリク〉をご覧いただきたいのですが、NNNとは幸せな猫を増やすためには強引な手段も辞さない恐ろしい組織です。
 運営者はFelis silvestris catusさんらしいという噂が流れています。

 マリたんの活動報告を受け取ってくれたのか、NNNが動きました。
 ただね、NNNって行動が遅かったり早すぎたり、フットワークがよくありません。
 やっぱり運営者がアレだからかな。

 2014年10月24日、出勤し、まだ始業時間まで20分ほどあったとき、違う部署の人が私のところに来ました。
 「川で子猫の鳴き声がするの」
 職場の駐車場は川の横にあります。
 駐車場から職場に来るときに聞こえたそうです。

 何で私に言うかな?
 私が猫好きだと知られているからでしょうね。
 聞いた以上は行かなくちゃいけない。

 案内してもらった場所は橋の近くで、水面が3mくらい下にあります。
 護岸工事されていて、側面は崖というより壁です。
 側面の壁沿いに葦が生えていますが、その草むらから聞こえたそうです。

 私が行っても聞こえません。
 もっと近づかないと。

 10mほど先に行くと階段があって、水面近くまで降りられます。
 そこから柵を越え、葦の上を歩いて情報のあったところへ近づこうとしました。
 私の特技の一つ、母猫の呼び声で呼びながら。

DSC00630_R.jpg
 写真は夏です。
DSC00629_R.jpg
 秋はこのうっそうと繁った葦が、ほぼ枯れていました。
 その上を歩きながら、母猫の声で呼びました。

 そうすると返事があったんです。
 今まで無音だったのに、いきなり「ぴーぴー」鳴き始めました。
 いるんだ。流されたかと危惧していたんです。

 ここからが問題です。私は手ぶらです。
 私を見て逃げられたら、捕まえるのは難しい。
 葦をかき分け、私自身が川に落ちないように気をつけながら近づくと、いました。

 生後1.5ヵ月ほどの子猫です。
 私を見ても逃げません。大きい人間が近づいても逃げないなんて、ずいぶん人馴れしています。
 簡単に捕まえられました。

 すぐに服に包んで引き返します。
 暴れません。むしろくっついてきます。
 安定性はさらに悪いのですが、川に落ちるわけにはいきません。
 行きで落ちても私一人ですが、今は子猫が懐にいますから。

 小走りで駐車場に走り、車に入れます。
 そんなにやせていないです。目やにも出ていない。ちょっとたれ目のオスでした。

 暇を見てコンビニでキャットフード(缶)を買って来ました。
 がつがつ食べています。元気だ。

 貰い手は探しませんでした。実家に連れて行きます。
 一時はあんなにいた実家の猫が、その時は1匹になっていました。
 残った1匹は13歳のおばあちゃんです。
 おばあちゃんの負担になるかも。それは心配ですが、親が欲しがっていたので。

 10月24日は父の誕生日でした。それも縁でしょう。
ちみ太
ちみ太
 片手に乗るくらいだったんです。

 続きます。


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ


  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ノウラ

Author:ノウラ
 札幌近郊の田舎の一軒家に猫3匹と住んでいます。
 2015年8月9日からブログをはじめました。
 猫に関する自己紹介
<前編><後編>
 家に関する自己紹介
<1><2><3><4>

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
フリーエリア
猫紹介

マナセ(マナ)

DSC00092_R_R.jpg

2012年8月5日生まれ

保健所から来た男子
兄としてのプライドが邪魔をするタイプ


マソラ(マソラさん)

DSC00069_R_R.jpg

2012年8月5日生まれ

保健所から来た女子

マナセと兄妹だが女王様


マリク(マリたん)

DSC00013_R_R.jpg

2012年10月5日生まれ

しっぽの会から来た男子

おそらくは天然の無邪気な子

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる