FC2ブログ

仁義なき戦い 前編



 やけに喜んで車庫に行くなと思ったんです。
 いつもは動きの重いマナまでもいそいそと車庫に行くなと。
 そしていつまでも帰ってこないと。

 原因は恒例のネズミでした。
 車庫にネズミが入るのは止められないのか。
 そろそろ帰ってこいと呼び入れたときに、マソラさんがネズミをくわえていたことに気づかなかった。

 それにはもう慣れているのですが、今回は私もパニックになりました。
 ネズミが元気でキーキー鳴いている (」゚ロ゚)」
 ネズミの根性があったのか、マソラさんの噛みつき方が下手なのか、それはわからないけれど上半身が動いて鳴き声が・・・。

 聞きたくないです。
 猫に噛みつかれた時点で、もしくは引っかかれた時点で死はほぼ確定です。猫の雑菌が入りますからね。
 だけどマソラさんが口から放すと走って逃げる。ネズミも必死。まさに必死。

 もう1度車庫に戻そうかと車庫へのドアを開け、マソラさんを誘導するとネズミをくわえたまま車庫に出ました。
 けれどそこで、車庫でネズミをどこぞに隠されたら見つけられないと、もう1度ドアを開けてマソラさんを呼ぶ。
 入ってきたマソラさんが2階へ走り、私は車庫へのドアを閉め、下にいても聞こえてくるキーキーに動転する。

 困るんですよ。さっさと息の根を止めてくれないと、マソラさんの口から放したら逃げられる。
 私の手を包むビニール袋で止められるか。

 意を決して、マソラさんから取り上げることにしました。
 牙が食い込んでくる感覚や痛みなど想像したくないのに。ネズミの気持ちになるといたたまれない。
 私も必死の猫に噛みつかれたことがあるので、痛みがわかる気になってしまう。

 免許を取ってすぐの頃、馴れている野良猫オスに私の犬が噛みついたことがあります。
 私の犬はどうしても猫を襲ってしまう犬でした。
 時々脱走し、たまに運の悪い猫が犠牲になりました。泣くしかない。

 野良オスに噛みついた時は散歩中で、私は猫が逃げると思ったし、猫は私が避けると思っていた。
 リードが長すぎました。
 幸いすぐに猫の腹に食いつく犬の口に私の手を突っ込むことができ、くわえて振り回すという行動を抑えることはできました。

 しつけに失敗したうちの犬ですが、人の手を、少なくとも私の手をかむことは絶対にない。
 けれどそのときは軍手をはめていたせいで、それ以上強く噛まないけど放さない。
 そこで鎖を持っていた右手の軍手を口ではずして、素手を犬の口に突っ込もうと思いました。

 そうしたら軍手をはずした右手に、猫が食いついた |)゚0゚(|
 猫は必死です。当然必死。ぎりぎり噛んでくる。
 左手を抜くことはできません。抜いたら犬が猫を殺しちゃう。
 だけど右手は猫が噛み付いている。

 その状況をどうやって解消したのかは覚えていません。
 猫は無傷で逃げて、犬を繋いで家に帰ったという結果はわかるけど。
 血が止まらない右手をバケツに突っ込んで、救急病院に連れて行ってもらいました。

 無傷の猫は、その1週間ほどあとに車に轢かれて死にました。
 本当に無傷だったんです。さわらせてくれたからそれは確認しました。
 ・・・寿命って決まっているのかもしれないなと思った事件でした。

 そしてその当時もマニュアル車に乗っていたのですが、怪我をしたのが右手でよかったと発見しました。
 ギアを変えるのに左手が重要。
3_3.jpg
 この左下のレバーを、右手ではつかめない。
 私は左でも結構字を書けるので、運転できれば通学も問題なかった。
 ただ顔を洗うのと、トイレでズボン類を引き上げるのが大変だったけど。

 その他にも野良猫のけんかに介入したときに引っかかれて手がバンバンにはれたり、猫の危険性については身に染みています。
 このネズミは助からないけど、ネズミを家の中で生かしておくわけにはいかないけれど、少しでも楽にしてあげたい。

 猫に噛まれた傷跡は30年近くたった今も数ヵ所残っています。
 ほとんど見えなくなったことのほうに驚いています。もっとはっきりした跡が死ぬまで残ると思っていました。
 私の目の前で、私のミスで猫を死なせなかったことがうれしかった。
 どうせならもっと長生きしてほしかったな。


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ノウラ

Author:ノウラ
 札幌近郊の田舎の一軒家に猫3匹と住んでいます。
 2015年8月9日からブログをはじめました。
 猫に関する自己紹介
<前編><後編>
 家に関する自己紹介
<1><2><3><4>

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
フリーエリア
猫紹介

マナセ(マナ)

DSC00092_R_R.jpg

2012年8月5日生まれ

保健所から来た男子
兄としてのプライドが邪魔をするタイプ


マソラ(マソラさん)

DSC00069_R_R.jpg

2012年8月5日生まれ

保健所から来た女子

マナセと兄妹だが女王様


マリク(マリたん)

DSC00013_R_R.jpg

2012年10月5日生まれ

しっぽの会から来た男子

おそらくは天然の無邪気な子

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる