FC2ブログ

大本の原因はスリップ



 手の場合、障害認定は親指の欠損のみらしいですね。
 パンダは親指の役目をする骨ができたことで笹をつかめるようになったし、曲がる方向の違う指を持つって重要。

 ぶつかった6日の夜と翌日は何もしなくても左親指が痛かった。
 しもやけにより他の指も腫れているので、この親指の太さが突き指によるものか判別できないけれど、おそらく腫れているんだろうな。
 がっちりテーピングの上、親指を人差し指に巻く形で固定。

DSC06039_R.jpg
 翌日はかなりよくなった。軽いテーピングで済ませる。
 さわってもそんなに痛くなくなった。つまり昨日はさわるだけで痛かった。

 しかし不便なものですね。
 編み物ができない。
 紐を結べない。結べるけれどどうしても緩む。
 ビューラーを使いにくい。私は左目は左手で使います。
 猫の爪を切れない。猫の手の左側の爪は左手じゃないともたつくけれど、とても爪切りを握れない。しかももうそろそろ切ろうと思っているところだった。

 私はほぼ両手利きです。箸も左手で使える。とても時間はかかるけど。
 けれど両手が使えるって、「左手でもいい」のではなくて「左手じゃないとやりづらい」ことが増えるんだとわかった。

 運転しづらい。
 マニュアル車だとギアは左掌で動かす感じで、握らなくても大丈夫でしたが、父親のオートマ車だと右手を添えて両手じゃないと動かせない。
 リアワイパーを動かすつまみも左側なので不便だった。

 何より料理が大変。
 木曜までは作り置きの物を温めるだけで、金曜は忘年会だったからいいけれど、土・日は料理しづらかった。
 包丁で切るときに固定しにくい。切った物を乗せたまな板を左手で持ち上げて包丁で掻き落とす、というのができない。左手でつかめないから。
 かなりよくなっていてこれか。

 仕事上では、パソコンのキーボードのスペースキーを叩けない。スペースキーって左親指で押していたんですね。こうなって気づいた。
 右親指で代用していますが、やっぱり一瞬考えないと右親指が動かないな。

 本当に全く使えなかったのは1日だけだったのに、いろいろと不便なところが判明しました。
 それもこれも自分のせいって言うのがね。
 「どうしたの?」と心配してくれる人に「突き指しました」と直接原因のみを説明。もっと親しい人には説明しましたけどね。なぜ突き指したのかは長い話になりすぎて。
 根本的な原因は事故。しかし直接原因ではない。人力によって。自己力によって。長い話だ。

 無事でよかったです。
 24時間切れ目ない幸運の上に日常生活は成り立っている。


↓ランキングに参加しています。
   よろしければクリックをお願いします。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ノウラ

Author:ノウラ
 札幌近郊の田舎の一軒家に猫3匹と住んでいます。
 2015年8月9日からブログをはじめました。
 猫に関する自己紹介
<前編><後編>
 家に関する自己紹介
<1><2><3><4>

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
フリーエリア
猫紹介

マナセ(マナ)

DSC00092_R_R.jpg

2012年8月5日生まれ

保健所から来た男子
兄としてのプライドが邪魔をするタイプ


マソラ(マソラさん)

DSC00069_R_R.jpg

2012年8月5日生まれ

保健所から来た女子

マナセと兄妹だが女王様


マリク(マリたん)

DSC00013_R_R.jpg

2012年10月5日生まれ

しっぽの会から来た男子

おそらくは天然の無邪気な子

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる